中古車の価格

まずはそもそも中古車はどのように価格が決まるのか確認してみましょう。

中古車の価格は一言で言えば人気によって決まります。
「程度」がよければ人気がでますし、人気があれば価格も高くなります。
なぜならその価格でも「買いたい」と思う人がいるからです。
逆に人気がなければ安くなります。

そして走行距離が1万kmと6万kmでは1万kmの方が人気が高いためお店では1万kmの車の方の価格を高くします。逆に6万kmの方を安くしないと売れません。

人気の要因は走行距離だけでなく、年式や傷の有無、装備の充実具合、ボディ色などそのほかにもいろいろあります。
それらを統合して「この車は人気がでるから高く値付けしよう」「人気が出なさそうだから安く値つけしよう」と販売店の判断で値付けされるのです。

でも人によっては色などにはこだわりがなかったり、普段の買い物程度にしか乗らない場合は多少走行距離があってもいいという人もいるかもしれません。

そんな妥協できる部分があれば、その妥協した部分で人気色ではないけれど程度はいい車だったり、走行距離が6万kmだけど気に入った色でボディもきれいな車が安くみつかるかもしれません。

人気の裏をついてあなたにとってお得な中古車をみつけてみるのはいかがでしょうか。