ミニバンの代表

何故、トヨタから発売されている「エスティマ」と呼ばれているミニバンが「ミニバンの代表」とまで呼ばれるようになったのかと言うと、そのボディのデザインがまずは大きかったものになります。初代エスティマは販売台数ではライバル車に負けて苦戦していましたが、その斬新なデザインは多くのクルマ関係者の目を引くことになりました。

 

それは「タマゴ型ボディ」と呼ばれる、文字通りタマゴをイメージさせるようなデザインとなっており、このデザインは今の現行モデルのエスティマにも受け継がれているものとなっています。ミニバンの代表と言うあだ名がエスティマにつけられたゆえんはそこもそうなのですが、初代のエンジンやボディサイズが不人気だったことからトヨタは大いにこの失敗を反省し、失敗を繰り返さないべく気持ちを切り替えて2代目のエスティマをつくることにしたのです。

 

その結果として2代目のエスティマは初代をはるかにしのぐ販売台数を売り上げることに成功し、この当時の新車販売台数で3位につけて一気にエリートの座へとのし上がった結果、失敗から這い上がって来た「ミニバンの代表」とまでエスティマが呼ばれるようになったと言うストーリーが存在しています。