エスティマハイブリッド

 

今のクルマ業界では、いろいろなところで「ハイブリッド」の文字を見かけるようになりました。と言うのも環境問題やエコロジーと言う単語が出て来てから、排気ガスを出して走るクルマへの風当たりが強くなっているせいもあるからです。当然そうした風当たりに対してクルマ業界は対応を求められるようになり、結果スポーツタイプのクルマは生産終了になったり、ハイブリッドカーやコンパクトカーの生産が多くされることになったのです。

 

そうした流れによってそれまで発売して来たクルマにも、ハイブリッドエンジンを開発して載せたモデルが売り出されるようになったのですが、トヨタのミニバンのリーダー格として有名な大型のミニバンである「エスティマ」にも、そうしたモデルとして発売された「エスティマハイブリッド」と言うモデルが存在しています。

 

エスティマハイブリッドはそれまでタマゴ型のミニバンとして歴史を築いてきたエスティマにハイブリッドエンジンを載せたモデルになりますが、エスティマハイブリッドが実際にカタログのラインナップにあらわれたのは2代目エスティマからとなり、今の3代目エスティマにももちろんエスティマハイブリッドが設定されているのです。