エッセカスタム

クルマのメーカーは日々、いろいろなユーザーを増やすことが出来るように努力をかさねています。とくに今は若者のクルマ離れが深刻であり、そうした若者を取り入れることが出来るように値段の安いスポーティなクルマ、維持費のあまりかからないカッコイイクルマが求められるようになりました。これはセダンやミニバン、コンパクトカーなどジャンルを問わずに見られる動きとなっていますが、軽自動車においてももちろん同じことであります。

 

ダイハツでもそうした動きが見られており、ムーヴにスポーティグレードの「カスタム」が発売されていることをはじめとした「カスタム」シリーズはダイハツのスポーティグレードとして広く知られています。このカスタムと言うグレードは販売が終了したクルマにも採用されていたことがあり、同じダイハツの「エッセ」にもカスタムのグレードで「エッセカスタム」が存在していました。このエッセカスタムもそれまでのカスタムシリーズの例に漏れずスポーティなものとなっており、メーカー純正でドレスアップがほどこされたクルマとして、ドレスアップカーやチューニングカーのベース車両、それからモータースポーツの参戦にも使われることがありました。