チューニング

マフラーを交換したり、エアロパーツを付けてみたり、エンジンや足まわりのパーツを交換したりしてクルマのポテンシャルをアップさせる「チューニング」ですが、これはやはりスポーティなグレードのクルマ、走り志向のスポーツカーやコンパクトハッチバックなどに多く見られることがあります。しかし今のチューニング業界ではコンパクトカーや軽自動車の台頭によってそうしたパーツの開発もすすめられており、チューニングカーも軽自動車やコンパクトカーが多く見られるようになりました。

 

軽自動車で有名なスポーティグレードと言えばダイハツの「カスタム」シリーズが存在していますが、このカスタムシリーズはチューニングベース車両としてはうってつけで、中でも販売終了してしまいましたが「エッセ」のカスタムはチューニングベースとして人気がありました。何故かと言うとシンプルなメカニズムで売り出されていたエッセは、そのパワーウェイトレシオも低い数値をたたき出しており、モータースポーツのベース車両にもよく選ばれるようになっていたからです。ワンメイクレースなども開催されたりしたこのエッセはチューニングのし甲斐もあり、軽自動車のチューニングカーの人気車種でした。