エッセの概要

軽自動車はいろいろなクルマが今では人気を争っており、若者も軽自動車やコンパクトカーなど維持費の安いクルマを選ぶようになりました。ダイハツにおいてもトヨタグループの企業でありますが、軽自動車をおもに専門的なクルマのカテゴリーとして開発しています。現在ではもう生産と販売が終了したクルマもあり、そのひとつが「エッセ」です。このエッセはどう言うクルマなのかと言うと、概要としてはまず「シンプルさ」をイメージさせたデザイン、それからデザイン性もいっしょに追求しているのが特徴なのです。

 

いっけん矛盾しているように感じるこのふたつのテーマですが、シンプルのデザインをまとめると言うことで決定されており、その結果としてハッチバックボディの台形型のボディとなりました。メカニズムが複雑になっている今のクルマの流れに逆らう形で、サンダル代わりに気軽に乗っていくことの出来るクルマと言うイメージがこのエッセに出来上がりました。コストダウンのために車内のデザインの一部はあえて鉄板がむき出しになっていますし、それ以外でも廉価グレードにおいてはまさにシンプルイズベストで装備を必要最小限のものにしてもとめやすい価格設定となっています。