走行距離で選ぶ

基本的に走行距離が多い車ほど人気がなくなり、価格は安くなります。

買い取り店では5万kmを超えているかどうかで買取額に差をつけています。
当然それが中古車の販売価格に反映されるわけです。

しかし、42000km、47000km、52000kmという走行距離だけをみて一体どれくらい程度がかわるのでしょうか。

定期的な点検整備が行われてきた5万2000kmの車と一度もエンジンオイルが変えられえいない4万2000kmの車では5万2000kmの車の方が調子がいいかもしれません。
一度もオイル交換をしないようなオーナーなら内装も汚れているかもしれませんね。

つまり走行距離だけで良し悪しを判断しないほうがいいということです。
だとすれば単純に5万kmを超えた時点で価格が安くなっているのであれば、これはお買い得になるのではないでしょうか。

なので、走行距離だけで判断せず、いままでどんな扱いを受けてきた車なのか、装備点検記録簿などでメンテナンス状況を確認して、さらに実車を見て内外装の傷み具合などもチェックしてみましょう。

点検もしっかりされていて内外装もきれいで5万km超えてる車があったらそれはお買い得な車といっていいのではないでしょうか。