FMC情報

新型が登場すれば当然新型に人気が集中します。
そして旧型になった車は一気に値崩れします。

中古車の価格を押し下げるのは旧型のオーナーによる新型への乗り替えが旧型の価格を下げる理由です。

それまで乗っていた車を手放して新型に乗り換えるので、中古車市場に車が増加するのです。

人気の高い車はそれが高くても「買いたい」と思う人がいるから価格が決まるのです。
つまり需要と供給のバランスですね。
新型が出たことで、その供給が増え、それまでのバランスが崩れるので、全体的に価格が下がることになるのです。

さらにしばらくすれば新車のおろしたて中古車が現れ始めます。
これは新車のディーラーが試乗車としてだけ登録してあったような車があるからです。
そうなるとますます旧車の価格が下がる可能性がでてきます。

そろそろ車を買おうと思っていたら、その車のフルモデルチェンジがいつなのか確認してみましょう。
FMC前のタイミングであれば、よほど条件の合う車が無い限りは待つことが正解です。

ただし、例外もあって、新型の人気が思ったほどでなかったとか、旧車の方がよかったなどという場合は旧車の中古車価格が高騰する場合もあります。