走行距離で選ぶ

基本的に走行距離が多い車ほど人気がなくなり、価格は安くなります。

買い取り店では5万kmを超えているかどうかで買取額に差をつけています。
当然それが中古車の販売価格に反映されるわけです。

しかし、42000km、47000km、52000kmという走行距離だけをみて一体どれくらい程度がかわるのでしょうか。

定期的な点検整備が行われてきた5万2000kmの車と一度もエンジンオイルが変えられえいない4万2000kmの車では5万2000kmの車の方が調子がいいかもしれません。
一度もオイル交換をしないようなオーナーなら内装も汚れているかもしれませんね。

つまり走行距離だけで良し悪しを判断しないほうがいいということです。
だとすれば単純に5万kmを超えた時点で価格が安くなっているのであれば、これはお買い得になるのではないでしょうか。

なので、走行距離だけで判断せず、いままでどんな扱いを受けてきた車なのか、装備点検記録簿などでメンテナンス状況を確認して、さらに実車を見て内外装の傷み具合などもチェックしてみましょう。

点検もしっかりされていて内外装もきれいで5万km超えてる車があったらそれはお買い得な車といっていいのではないでしょうか。

駆動式や排気量のちがい

新車の価格は2WDより4WDの方が高く、排気量の大きなグレードほど高くなります。
しかし、そのときの価格差と中古車相場とはまったく別物です。
それはなぜでしょう?

理由はやはり人気です。新車はコストによって価格差が生じますが中古車は「いくらなら売れるか」が値付けの基本になります。

例えば雪の多い地域では冬に人気がでるのは4WDで逆に都心のコンパクトカーなら燃費のいい2WDが好まれます。

では排気量はどうでしょう。
従来は排気量の大きなグレードの方が人気が高いモデルもあったり、排気量自体は一番上でなくてもターボがついているスポーティモデルが一番人気だったり、手ごろな価格ということで小排気量が好まれたりということがありました。

しかし最近ではエコカーブームのあおりをうけ、全体的に小排気量の車が好まれています。

そうなると安い車を買いたいなら人気のない方を選択することになります。
なので、排気量に関しては多い方が人気とか少ない方が人気とかはそのときの人気次第ということになります。
現在はエコカーに注目が集まっています。
その時の人気の薄い方で自分の車を使う用途に合わせて選んでみてください。

FMC情報

新型が登場すれば当然新型に人気が集中します。
そして旧型になった車は一気に値崩れします。

中古車の価格を押し下げるのは旧型のオーナーによる新型への乗り替えが旧型の価格を下げる理由です。

それまで乗っていた車を手放して新型に乗り換えるので、中古車市場に車が増加するのです。

人気の高い車はそれが高くても「買いたい」と思う人がいるから価格が決まるのです。
つまり需要と供給のバランスですね。
新型が出たことで、その供給が増え、それまでのバランスが崩れるので、全体的に価格が下がることになるのです。

さらにしばらくすれば新車のおろしたて中古車が現れ始めます。
これは新車のディーラーが試乗車としてだけ登録してあったような車があるからです。
そうなるとますます旧車の価格が下がる可能性がでてきます。

そろそろ車を買おうと思っていたら、その車のフルモデルチェンジがいつなのか確認してみましょう。
FMC前のタイミングであれば、よほど条件の合う車が無い限りは待つことが正解です。

ただし、例外もあって、新型の人気が思ったほどでなかったとか、旧車の方がよかったなどという場合は旧車の中古車価格が高騰する場合もあります。

年式で選ぶ

中古車は基本的に年式が低い車ほど安くなります。

そこでちょっと考えたいのですが、高年式車と低年式車とでは何がどう違うのでしょうか。

多くの人が走行距離や傷、汚れの有無などを気にすると思いますが、これらは前のオーナーの使い方で決まるものです。

年間1000kmも走らない人もいれば2万kmも走る人もいますし、いつも車内をきれいにしている人もいればそうでない人もいます。ということで一概に年式だけで走行距離や傷の有無などを見極めることはできません。

よって年式で注意したいのはマイナーチェンジの時期です。

マイナーチェンジによってメカニズムや装備、内外装のデザインや燃費などの見直しがされます。
その程度も車種によって違います。場合によってはマイナーチェンジ前と後では内装外だけ変わって性能などはほとんど変わらない場合もあります。
ですから、いつのマイナーチェンジによってどの部分が改良され、どれだけ変わったかを調べることが重要です。

その中でこの程度のマイナーチェンジなら前の年式でもかまわないということもあるかと思います。
年式の違いでどれくらいの価格差があるかもチェックしてみてください。

カー用品店を活用してみる

中古車は新車と違って、メーカーオプションの装備が後からつけにくいということがあります。

そのため本革シートや純正のカーナビ、サンルーフなどついているものには人気が高まります。

特に本革シート、純正カーナビゲーション、サンルーフの三点セットを備えた高級セダンになるとそれだけで30万円くらい差がつくこともあります。

つまりこれを我慢すればそれだけ安く購入できるということになります。

しかし、そう簡単に妥協できないという人も多いはずです。
そこでちょっと考え方を変えてみましょう。

まずはカーナビです。
カーナビは純正にこだわらなければ機能がまったく同レベルのものをカー用品店でつけることができます。
カーナビは進化も激しいので少し前に発売されたものでも十分機能が高くて安いものが買えると思いますし、またポータブルカーナビなど機能を絞ったものでよければ更に安く設置することができます。

本革シートに関しては基本つけられませんが、カー用品店にいけば本革シート風カバーをつけることができます。

しかしサンルーフだけはあとからというわけにはいきません。
なのでサンルーフが欲しい方はサンルーフだけ必須アイテムとして探すことをおすすめします。

これらを踏まえて装備の有無に価格の差がどれくらいあるのか、その装備を後から買ったほうが安いのかどうかを判断しながら選んでみてください。

色で選ぶ

中古車では車の色によって値段が変わります。

驚きなのが白や黒と赤とでは50万円以上の差がつくこともあるそうです。

普段 あまり気がつかないかもしれませんが、よく見てみると日本では白と黒の車がとても多く走っています。

それだけで白と黒のボディカラーに人気が集まっているというのがわかります。
特に高級セダンやミニバンでは白と黒がとても人気なようです。

逆にアルファロメオなどは国産車とは違い、赤が人気だったりするようです。

ということは・・・
車種によってですが、人気のないボディ色の中古車はとても安くなるというわけです。

ただ、コンパクトカーに関してはもともと価格帯が安く設定されているので色だけでそこまで大きな価格差は出ないかもしれません。
また、国産車はとにかく白と黒以外!とは限りませんし、何色が安い!とは決まっていません。

しかしボディ色の違いだけで価格が変わるのは事実です。

そういったところにも目をむけて選んでみてはどうでしょうか。
白いセダンやミニバンは営業車に見えて嫌だとか、色にこだわりがない方でしたらそれだけで安いお得な中古車がみつけられるはずです。

中古車の価格

まずはそもそも中古車はどのように価格が決まるのか確認してみましょう。

中古車の価格は一言で言えば人気によって決まります。
「程度」がよければ人気がでますし、人気があれば価格も高くなります。
なぜならその価格でも「買いたい」と思う人がいるからです。
逆に人気がなければ安くなります。

そして走行距離が1万kmと6万kmでは1万kmの方が人気が高いためお店では1万kmの車の方の価格を高くします。逆に6万kmの方を安くしないと売れません。

人気の要因は走行距離だけでなく、年式や傷の有無、装備の充実具合、ボディ色などそのほかにもいろいろあります。
それらを統合して「この車は人気がでるから高く値付けしよう」「人気が出なさそうだから安く値つけしよう」と販売店の判断で値付けされるのです。

でも人によっては色などにはこだわりがなかったり、普段の買い物程度にしか乗らない場合は多少走行距離があってもいいという人もいるかもしれません。

そんな妥協できる部分があれば、その妥協した部分で人気色ではないけれど程度はいい車だったり、走行距離が6万kmだけど気に入った色でボディもきれいな車が安くみつかるかもしれません。

人気の裏をついてあなたにとってお得な中古車をみつけてみるのはいかがでしょうか。