タマゴ型のボディ

クルマのボディのデザインと言うものは、もっともクルマの中でイメージに残りやすいものになります。エンジンの形式はわからずとも、クルマのボディのデザインは外から見られるものになりますから、そうしたところでイメージにのこりやすいクルマと言うのは、それだけイメージがしやすいデザインボディを持ったクルマになると言うことなのです。このことをそのデザインを持って証明したのが、「ミニバンの代表」とまで言われているトヨタ自動車のミニバンである「エスティマ」です。

 

エスティマのボディデザインは特徴的なものですが、一言であらわすのであれば「タマゴ型のボディ」がそれです。タマゴ型のボディを持っているエスティマのテレビコマーシャルでも実際のタマゴをモチーフにしたものになっており、非常にデザインとしてはシンプルなものになっていました。このように初代からいっかんしてタマゴ型のボディを持っているエスティマは、初代がもっともタマゴ型のボディに近いものになっていますが、今の3代目もタマゴ型のボディとされていることに変わりはありませんし、大ヒットすることになった2代目のエスティマでもそのコンセプトがデザインには受け継がれているのです。

 

 

 

 

 

ミニバンの代表

何故、トヨタから発売されている「エスティマ」と呼ばれているミニバンが「ミニバンの代表」とまで呼ばれるようになったのかと言うと、そのボディのデザインがまずは大きかったものになります。初代エスティマは販売台数ではライバル車に負けて苦戦していましたが、その斬新なデザインは多くのクルマ関係者の目を引くことになりました。

 

それは「タマゴ型ボディ」と呼ばれる、文字通りタマゴをイメージさせるようなデザインとなっており、このデザインは今の現行モデルのエスティマにも受け継がれているものとなっています。ミニバンの代表と言うあだ名がエスティマにつけられたゆえんはそこもそうなのですが、初代のエンジンやボディサイズが不人気だったことからトヨタは大いにこの失敗を反省し、失敗を繰り返さないべく気持ちを切り替えて2代目のエスティマをつくることにしたのです。

 

その結果として2代目のエスティマは初代をはるかにしのぐ販売台数を売り上げることに成功し、この当時の新車販売台数で3位につけて一気にエリートの座へとのし上がった結果、失敗から這い上がって来た「ミニバンの代表」とまでエスティマが呼ばれるようになったと言うストーリーが存在しています。

 

 

 

 

 

エスティマハイブリッド

 

今のクルマ業界では、いろいろなところで「ハイブリッド」の文字を見かけるようになりました。と言うのも環境問題やエコロジーと言う単語が出て来てから、排気ガスを出して走るクルマへの風当たりが強くなっているせいもあるからです。当然そうした風当たりに対してクルマ業界は対応を求められるようになり、結果スポーツタイプのクルマは生産終了になったり、ハイブリッドカーやコンパクトカーの生産が多くされることになったのです。

 

そうした流れによってそれまで発売して来たクルマにも、ハイブリッドエンジンを開発して載せたモデルが売り出されるようになったのですが、トヨタのミニバンのリーダー格として有名な大型のミニバンである「エスティマ」にも、そうしたモデルとして発売された「エスティマハイブリッド」と言うモデルが存在しています。

 

エスティマハイブリッドはそれまでタマゴ型のミニバンとして歴史を築いてきたエスティマにハイブリッドエンジンを載せたモデルになりますが、エスティマハイブリッドが実際にカタログのラインナップにあらわれたのは2代目エスティマからとなり、今の3代目エスティマにももちろんエスティマハイブリッドが設定されているのです。

 

 

 

 

エッセカスタム

クルマのメーカーは日々、いろいろなユーザーを増やすことが出来るように努力をかさねています。とくに今は若者のクルマ離れが深刻であり、そうした若者を取り入れることが出来るように値段の安いスポーティなクルマ、維持費のあまりかからないカッコイイクルマが求められるようになりました。これはセダンやミニバン、コンパクトカーなどジャンルを問わずに見られる動きとなっていますが、軽自動車においてももちろん同じことであります。

 

ダイハツでもそうした動きが見られており、ムーヴにスポーティグレードの「カスタム」が発売されていることをはじめとした「カスタム」シリーズはダイハツのスポーティグレードとして広く知られています。このカスタムと言うグレードは販売が終了したクルマにも採用されていたことがあり、同じダイハツの「エッセ」にもカスタムのグレードで「エッセカスタム」が存在していました。このエッセカスタムもそれまでのカスタムシリーズの例に漏れずスポーティなものとなっており、メーカー純正でドレスアップがほどこされたクルマとして、ドレスアップカーやチューニングカーのベース車両、それからモータースポーツの参戦にも使われることがありました。

 

 

 

 

ドレスアップ

今の時代はドレスアップカー業界において、ミニバンや大型セダンが主流になりました。こうした動きは昔からあったといえばあったのですが、近年に入ってそうしたカテゴリーのクルマのユーザーが増えてきたためにますます多くなっています。しかし時代の流れでコンパクトカーや軽自動車のユーザーも爆発的に増えることになり、それにともなってそうしたカテゴリーのクルマにおいてもドレスアップの動きが活発になって来ました。だいたいの軽自動車やコンパクトカーのドレスアップカーのベース車両は、そのクルマのスポーティなグレードがえらばれます。

 

ダイハツの軽自動車でも「カスタム」シリーズがありますが、このシリーズがドレスアップのベース車両としては大変人気なのです。そのカスタムをグレードに持っていたクルマが「エッセ」でありますが、もう新車での販売は2011年に終了しているために中古車でしか手に入りません。しかしエッセはシンプルなメカニズムと無骨とも言えるデザインでドレスアップのし甲斐があるクルマとなっており、ゼロからドレスアップするにはカスタムもそうですが、ノーマルモデルのエッセもまたドレスアップをするにはうってつけのクルマなのです。

 

 

 

 

チューニング

マフラーを交換したり、エアロパーツを付けてみたり、エンジンや足まわりのパーツを交換したりしてクルマのポテンシャルをアップさせる「チューニング」ですが、これはやはりスポーティなグレードのクルマ、走り志向のスポーツカーやコンパクトハッチバックなどに多く見られることがあります。しかし今のチューニング業界ではコンパクトカーや軽自動車の台頭によってそうしたパーツの開発もすすめられており、チューニングカーも軽自動車やコンパクトカーが多く見られるようになりました。

 

軽自動車で有名なスポーティグレードと言えばダイハツの「カスタム」シリーズが存在していますが、このカスタムシリーズはチューニングベース車両としてはうってつけで、中でも販売終了してしまいましたが「エッセ」のカスタムはチューニングベースとして人気がありました。何故かと言うとシンプルなメカニズムで売り出されていたエッセは、そのパワーウェイトレシオも低い数値をたたき出しており、モータースポーツのベース車両にもよく選ばれるようになっていたからです。ワンメイクレースなども開催されたりしたこのエッセはチューニングのし甲斐もあり、軽自動車のチューニングカーの人気車種でした。

 

 

 

エッセの概要

軽自動車はいろいろなクルマが今では人気を争っており、若者も軽自動車やコンパクトカーなど維持費の安いクルマを選ぶようになりました。ダイハツにおいてもトヨタグループの企業でありますが、軽自動車をおもに専門的なクルマのカテゴリーとして開発しています。現在ではもう生産と販売が終了したクルマもあり、そのひとつが「エッセ」です。このエッセはどう言うクルマなのかと言うと、概要としてはまず「シンプルさ」をイメージさせたデザイン、それからデザイン性もいっしょに追求しているのが特徴なのです。

 

いっけん矛盾しているように感じるこのふたつのテーマですが、シンプルのデザインをまとめると言うことで決定されており、その結果としてハッチバックボディの台形型のボディとなりました。メカニズムが複雑になっている今のクルマの流れに逆らう形で、サンダル代わりに気軽に乗っていくことの出来るクルマと言うイメージがこのエッセに出来上がりました。コストダウンのために車内のデザインの一部はあえて鉄板がむき出しになっていますし、それ以外でも廉価グレードにおいてはまさにシンプルイズベストで装備を必要最小限のものにしてもとめやすい価格設定となっています。

 

 

 

 

 

エッセ

 

ダイハツと言えばトヨタグループの企業のひとつとして数えられている、おもに軽自動車を専門的にとりあつかっているクルマのメーカーになります。代表的な車種と言えばミラやムーヴなどがありますが、生産が終了した中で「シンプルさ」や「手軽に乗っていけるクルマ」を目指してつくられたのが「エッセ」でした。今このエッセはもう前述の通り生産も販売も終了して中古車でしか購入ができなくなっており、後継車種としてはミライースが与えられています。2005年に誕生したエッセはそのシンプルさゆえにデザインでも車内に鉄板の部分がむき出しになっていたり、装備が必要最低限におさえられていたりしました。

 

こうすることによってこのエッセはコストダウンが効果的におこなわれており、エッセのパワーウェイトレシオも同じく一般向けのクルマとしてはかなり低い数値をたたき出しており優秀な部類に入りました。それからムーヴなどと同じくダイハツのメーカー純正カスタムグレードである「カスタム」がエッセにもラインナップされていたので、前述のパワーウェイトレシオの低さもあいまってエッセカスタムをはじめとしたエッセがモータースポーツの場面で見られることもよくありました。

価格差を調べてみる

今なら低燃費車、なかでもハイブリットカーが人気です。
それだったら今はそれ以外のカテゴリーで車を探してみるのはどうでしょうか。

例えば一時期人気だったクーペですがトヨタスープラもホンダNSXも生産中止になってしまいました。
今生産されているのは日産フェアレディZとスカイラインクーペ、GT-Rくらいしかありません。
売れなくなってしまったということは人気がなくなってしまったということで、人気が価格を左右する中古車ですからクーペの値落ち率は非常に大きくなっています。
つまり安く手に入りやすくなったということです。

ただし、NSXやGTーRのように熱烈な支持者がいるような車種に関してはそこまで値崩れをおこさないかもしれません。

いまならミニバンやファミリーカーが人気なのでセダンも全体的に値落ち傾向にありますね。
特に節約志向の傾向でビックセダンが安くなっています。

しかしこれらは流行とともに変化していくので、今何が人気なのかを調べてから選んだ方がいいですね。

人気車に隠れて実力のある車が沢山あるということです。
掘り出し物を探すのを楽しみながら中古車の購入を検討してみてください。

トータルコストで選ぶ

節約志向の現在、低燃費車、なかでもハイブリットカーが人気です。
しかし、購入後のランニングコストを含めたトータルコストで考えてみるとどうなるのでしょうか。

実はハイブリットカーより、お買い得な車がでてきたりすることがあります。

例えば、旧型トヨタプリウス15Sの走行距離4万km・2004式・車両本体価格127万円の中古車と旧型日産キューブ14SXで走行距離、年式とも同じ、車両本体価格50万円のいずれもDVDナビ付の中古車があるとします。

この二台は自動車税や車検時に必要な自動車重量税は同じです。(エコカー減税時期を除く)
違いはガソリン代の違いだけです。

その指標となる10・15モード燃費はプリウスが35.5km/L キューブが16.4km/Lです。この差がいつ車両本体価格の差額77万円をひっくり返すのでしょうか。

ガソリン代を120円として計算すると約20万キロ走らない限りプリウスを買った人はキューブとの差額を埋めることができません。

こうなるとキューブを買った方がお得だったりする場合があります。
もちろんキューブのほかにも人気ハイブリットカーより、お買い得な車は沢山あります。

そういったランニングコストも踏まえて購入を考えてみるのもひとつの手だと思います。